運転免許証の暗証番号

運転免許証をICカード化にして、どのようなメリットがあるのか。
さまざまな意見がありますが、一つには偽造することや造変を防ぐことができます。
昔は免許証に本籍地の記載がありましたが、今はありません。
国民のプライバシーの保護に配慮しています。
本籍はICチップに記録されていますので、申請したときに設定した暗証番号をICチップを読み取る機械に入力をしなければ読み取ることができません。
また、このカードの導入は平成22年1月から全ての都道府県で行われています。
一見しただけでは班別に難しいような偽変造免許証が出回って、他人名義のこれを使って銀行口座を開設したり、携帯電話の利用契約を結んでしまったり、これらは振り込め詐欺などに不正にしようされてしまいます。

ここでICカードの免許証にすることで偽造がかなり困難になってきますので、不正使用が防止できます。
ここでこの免許証では、暗証番号が必要になります。
読み取り装置に暗証番号を入力しないとみることができません。
身分証明として使用するときには、必ず必要になる暗証番号です。
暗証番号があることで、偽造からも逃れることができるのです。
この暗証番号は、銀行などのカードと同じように3回間違えると読みとりができなくなってしまいます。
万が一この読み取りができなくなってしまった場合には、各試験場や免許センターや警察において復旧することができますので、本人が必ず免許証を持参するようにしてください。



≪推奨サイト≫
運転免許取得のための免許合宿を実施している自動車学校を紹介している免許センターです ・・・> 免許合宿